20170317_banner_2



横浜には、多くの予備校があります。

横浜に多くある予備校の中から自分に合った予備校を見つけるのは困難じゃありませんか?

本日は、横浜の予備校を口コミや評判を基にランキング形式でご紹介します!

※偏差値55以下の方には武蔵小杉にある予備校をお勧めしております。
 偏差値55以下の方はこちらよりご覧下さい。 



予備校とは

予備校には、どんな人が合っているのでしょうか。


予備校に向いている人は、自己管理がしっかりでき、競争の中に身を置いて自分をどんどん高めていくことができる人です。

ただ、一番注意すべきことは、自己管理が苦手な人が予備校に入ってしまった場合、授業についていくことができなくなり、成績がなかなか伸びないという結果になりがちということです。

つまり、自分が自己管理できるか、できないかで予備校を選ぶか、選ばないかが決まります。


では、うっかり自分に合っていない予備校に入ってしまうことのないように注意しながら横浜の予備校ランキングを見ていきましょう。


横浜の予備校ランキング

第1位 横浜予備校

横浜予備校




◼︎ 3つの特徴
  • "極"少人数制授業
  • 医学部・難関大受験特化
  • 英語に重点を置いた指導

◼︎ 筆者からのコメント

第1位は横浜予備校です。

横浜予備校は、医学部志望の人、自己管理ができない人、学校の授業についていけない人に向いている予備校です。

横浜予備校は予備校でありながら、 最大定員4名の"極"少人数制授業という形を取り、授業を行なっています。ですので、普段学校の授業ではついていけないという人でも問題ないかと思います。
また、予備校でありながら個別指導の予備校のような性質も兼ね備えていて、毎日生徒にスケジュール帳を提出させて、必要な勉強時間・量、勉強バランスが取れているかをチェックします。

少人数制の授業と個別の管理に止まることなく、横浜予備校には映像のコンテンツもあり、 目的やテーマ、大学別でレベル分けされた講座を受講することもできます。
教材もオリジナルで、何かと横浜予備校ならではの直腸が目立ちます。 


興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!横浜予備校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができない人」「医学部志望の人」「質の高い授業を受けたい人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★★
    採用率8%と言われる採用試験を通過しただけはある。丁寧に指導してくれるし熱意もあって良い。
  • 予備校のカリキュラム ★★★★★
    高校3年生からでも間に合うようなカリキュラムがあるのとても助かった。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★★★
    自習室完備でロッカーやドリンクバーもあり、正直塾とは思えないぐらい快適だった。
  • 予備校の周りの環境 ★★★★★
    最寄りは桜木町で夜は夜景も綺麗なのでリラックスもできた。
  • 予備校の料金 ★☆☆☆☆
    相当高い。指導やカリキュラムの質、設備の充実度を考えたらある程度はしょうがないが料金は他の予備校と比べると圧倒的に高い。
  • 予備校の総合評価 ★★★★☆
    医学部志望の人には大変お勧めできる予備校。料金以外は申し分ないが医学部志望の人にはちょうど良いのかもしれない。

第2位 武田塾横浜校

武田塾横浜校



◼︎ 3つの特徴
  • 個別指導
  • 授業をしない
  • 逆転合格専門

◼︎ 筆者からのコメント

第2位は武田塾横浜校です。

武田塾横浜校は、自己管理が苦手な人や今まで勉強してこなかったが逆転合格したい!という人に向いている予備校です。


"授業をしない"というキャッチフレーズが印象的ですが、文字通り授業はしません。武田塾は各科目の解説や内容の説明を行うのではなく、個人個人の勉強計画を一緒に立て、勉強法を伝えそれを管理する予備校です。

指導は1対1で行われ、科目別の担任制です。毎回の個別指導では基本的に進捗管理が行われます。
ですので自己管理が苦手な人にはうってつけの予備校で、特に今まで全く勉強をしてこなかったという人にオススメできます。


興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!武田塾横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理が苦手な人」「逆転合格したい人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★★
    教室長をはじめ講師の人たちは熱意があり、親身な人が多い。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    一人ひとりのペースに合わせて進めてくれる。合わせすぎてたまに不安になることもある。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★★★
    メインのスペースは開放的で居心地のいい環境。自習室も完備で席数も確保されているので利用しやすい。
  • 予備校の周りの環境 ★★★★☆
    駅から近く便利で通いやすい。
  • 予備校の料金 ★★★☆☆
    講習費がかからないのは非常に助かる。料金は高くもなく安くもなくという感じだと思う。
  • 予備校の総合評価 ★★★★☆
    丁寧に指導してもらえるし、環境も利用しやすく非常に良い。

第3位 東進ハイスクール横浜校

東進ハイスクール横浜校




◼︎ 3つの特徴
  • 映像授業
  • グループ面談
  • いつでもどこでも受講可能

◼︎ 筆者からのコメント

第3位は東進ハイスクール横浜校です。

東進ハイスクール横浜校は、自己管理ができて自分のペースでどんどん勉強できる人には向いている映像授業の予備校です。

言うまでもなく、映像授業の予備校は個別で計画管理をしてくれるわではないので、自分自身で受講した講座の復習をしたり、日々の計画を立てをして勉強そ進めていく必要があります。
そのような意味で、自己管理がもともとできる人に非常におすすめです。

誰もが知っている東進ハイスクールは、テレビや新聞などへの露出も多い有名講師陣がそろっており、受講できる講座数も多いです。もちろん、東進ハイスクール横浜校にも映像上で有名講師陣の講座を受講することができます。

また、東進ハイスクールならではの映像授業の強みが生かされており、個人のスケジュールや理解度に合わせて効率よく勉強を進められるカリキュラムや機能があります。


担任とチューターによって進捗管理や勉強計画、モチベーションの維持をサポートしてもらえます。東進ハイスクールのノウハウに裏付けされたサポートは、受験生にとって大きな支えになると思います。


興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!東進ハイスクール横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができる人」「普段の学校の授業で寝ない人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★☆
    講座を担当するプロ講師は申し分なく良いが、その場に講師がいるわけではないので細かな指導はしてもらえなかった。
  • 予備校のカリキュラム ★★★★☆
    基本的に生徒主体で自分のペースで進めることができるし、進捗は講師が管理しているので遅れたりしていると声をかけてもらえる。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★☆☆
    自習室が狭く、休憩室があるとより便利だった。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    繁華街の近くで治安が不安だったが、駅ビル直結なのでそれなりに安心だった。
  • 予備校の料金 ★★★☆☆
    高めに感じる。科目を絞って受講せざるを得なかった。
  • 予備校の総合評価 ★★★★☆
    狭かったりと環境には若干問題があるが、講座の質は高いしカリキュラムもしっかりしている。


第4位 少人数制予備校横浜WIP

少人数制予備校横浜WIP


◼︎ 3つの特徴
  • 超少人数制授業
  • 大学受験合格率97%
  • 基礎学力向上

◼︎ 筆者からのコメント

第4位は少人数制予備校横浜WIPです。

少人数制予備校横浜WIPは、勉強がかなり苦手な人、自分のペースで勉強を進めたいという人に向いている予備校です。


WIPの大学受験コースは、1対2の個別授業コースと4~8名程度の少人数制コースから選ぶことができます。スタンドードは、少人数制コースで他人と比べられたりするのが嫌という人は個別授業コースを受講します。指導歴15年以上の講師が指導を担当しているのも大きな特徴の一つです。

基礎学力を上げることに重きを置いているので、進学校の生徒というよりは偏差値帯でいうと低めの層の生徒が多く通っています。
 

興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!少人数制予備校横浜WIP!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができない人」「勉強がかなり苦手な人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★☆
    丁寧に教えてくれるし、またサボらないよう強制してくれたりと自分には合っていた。
  • 予備校のカリキュラム ★★★★☆
    講習時は課題が多く大変だと感じていたが、その厳しさが良かった。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★☆☆
    自習室が狭く席数もそこまでないので、取り合い状態だった。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    駅前ではないが、帰り道が明るく安心して通わせることができた。
  • 予備校の料金 ★★★★☆
    料金は他の大手予備校と比べると安い方だと思う。
  • 予備校の総合評価 ★★★★☆
    熱心な講師が多く、自習室が狭いということ以外に特に不満はなかった。

第5位 四谷学院横浜校


四谷学院横浜校



◼︎ 3つの特徴
  • 科目別能力別授業
  • 55段階個別指導
  • ダブル教育

◼︎ 筆者からのコメント

第5位は四谷学院横浜校です。

四谷学院横浜校は、自己管理が苦手な人も得意な人も向いている予備校です。

「ダブル教育」というのが最大の特徴でまず科目別能力授業、いわゆる集団授業で"理解力"を身につけ、その後55段階個別指導、いわゆる個別指導の時間で"解答力"を高めます。この2つの指導を軸として成績を上げ、合格へと導くのが四谷学院です。

科目別能力授業はレベル別に細かくクラス分けされているので、理解力も高まりやすいです。55段階個別指導では主に演習を行い、科目別能力授業の定着を図るだけでなく、解答力も高めます。


興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!四谷学院横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理が苦手な人」「自分の状況やレベルに合った指導をしてほしい人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★☆
    熱心な講師が多い。個別で相談に乗ってもらったりとお世話になった。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    比較的自由なので生徒に自習生に委ねられる場面が多々あった。自己管理ができない人には少し難しいと感じるかもしれない。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★★☆
    静かで自習室も完備なので、よく自習で利用していた。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    近くが繁華街なのが少し気になるが、駅から近いしアクセスも良いので通いやすい。
  • 予備校の料金 ★★★☆☆
    年間を通して考えると料金は高い。
  • あ予備校の総合評価 ★★★☆☆
    状況に合った指導が受けられるのは非常に良い。他に予備校にはなかなかない点だと思う。

第6位 増田塾横浜校

増田塾横浜校



◼︎ 3つの特徴
  • 個別指導
  • 合格保証制度
  • 強制自習制度

◼︎ 筆者からのコメント

第6位は増田塾横浜校です。

増田塾横浜校は、自己管理が苦手な人や強制されないと勉強ができないという人に向いている予備校です。


増田塾はとにかく"合格"にこだわっています。もっともそれが顕著に表れているのが、合格保証制度です。出席率80%以上、チェックテスト80%以上、提出物の提出率、指定した難関大学を受験することという条件のもと、もし志望校に合格できなければ授業料を全額返金するというものです。
他にも、強制自習制度を設けていて、自習時間に何をすべきかまで管理してくれます。各教室の定員 
も決まっており、確実に手厚い指導が行き届くよう配慮がなされているのも特徴の一つです。


塾側も合格保証というリスクを負っているので、他にも合格へと導くための制度はたくさんあります。

興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!増田塾横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理が苦手な人」「強制されないと勉強できない人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★★
    指導もわかりやすく、指導以外のところでもフォローがありとても良い印象だった。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    その時の状況に合わせたカリキュラム。合格保証制度という制度も潔くて良かった。
  • 予備校内の雰囲気 ★★☆☆☆
    ドップリ勉強の雰囲気なので、その雰囲気に疲れることもあった。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    繁華街とは逆の方なので、治安という面では安心。
  • 予備校の料金 ★★★★☆
    最初に一括で支払い、その後追加もなかったので比較的安い方だと思う。
  • 予備校の総合評価 ★★★☆☆
    よほど強制されたい、ドップリ勉強したいという人でないとカリキュラムや雰囲気が合わないと思う。

第7位 駿台予備校横浜校

駿台予備校横浜校


◼︎ 3つの特徴
  • 集団指導
  • オリジナルテキスト・模擬試験
  • 習熟度に合わせた受講

◼︎ 筆者からのコメント

第7位は駿台予備校横浜校です。

駿台予備校横浜校は、自己管理ができる人や学校の普段の授業で寝ない人に向いている予備校です。

駿台予備校は大手の予備校として、大学受験界隈では知らない人はおそらくいないと思います。
集団指導の予備校で、オリジナルテキストを用いて習熟度別の50分の授業を受けます。また、駿台独自の模擬試験も定期的にあるので塾生は模試を中期目標とし、そこに向けて日々の授業や自学に励みます。

模試は駿台に通塾している人以外にも受けている人が多数いるので、そのような観点からも駿台には豊富な受験生のデータや受験情報があります。その点はさすが大手といった感じです。
 

興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!駿台予備校横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができる人」「普段の学校の授業で寝ない人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★★
    プロ講師なので指導の質は高いし、質問対応なども丁寧に行ってくれる。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    状況に合ったカリキュラムや授業、テキストが良かった。ただ、これを活かせるのもあくまでも自己管理ができるという前提条件があっての話。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★☆☆
    自習室がたまに混んでいるが、全体的に清潔で利用しやすい。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    駅からすぐちかくというわけでもなく、途中繁華街を通るが比較的安全。
  • 予備校の料金 ★★★☆☆
    講習費でなんだかんだ費用がかさむ。年間で考えると高かった。
  • 予備校の総合評価 ★★★☆☆
    年間の料金が高いのが気になるが、大手なので受験情報も豊富だし指導やカリキュラムには満足している。

第8位 大学受験ステップ横浜校

大学受験ステップ横浜校


◼︎ 3つの特徴
  • 少人数制指導
  • 豊富なコース
  • 地域密着型の進学予備校

◼︎ 筆者からのコメント

第8位は大学受験ステップ横浜校です。

大学受験ステップ横浜校は、自己管理が苦手な人や高校生活と部活動を両立したい人に向いている予備校です。

大学受験ステップは部活動を引退する最後まで続けても、スムーズに受験勉強に取り組めるようなオリジナルのカリキュラムが最大の特徴です。
教科ごと習熟度別でクラス編成がなされるため、自分に状況に合ったクラスで授業を受けることが可能だという点も部活動と高校生活の両立の実現の一助となっています。
また、家庭学習のサポートとして家庭で視聴可能なビデオ授業もあり、部活動で忙しく予備校にいけないという人に対してのサポートも徹底しています。


興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!大学受験ステップ横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができる人」「高校生活と部活動を両立させたい人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★☆☆
    優しい先生ばかり。ただ、人数が少ないので相性が合わないと厳しいという面もある。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    レベル別授業なのは大変良かったが、季節講習が必須なのが少し難点。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★★☆
    綺麗だし静かで、自習室も完備なのでよく自習に通っていた。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    駅からすぐというわけではないが、通いやすい。
  • 予備校の料金 ★★★☆☆
    決して安くはないが、妥当かなとも思う。
  • 予備校の総合評価 ★★★☆☆
    小さな塾で面倒見が良い。部活との両立もできたので良かったです。

第9位 早稲田塾横浜校


早稲田塾横浜校




◼︎ 3つの特徴
  • 集団チーム型授業
  • AO入試・推薦入試対策
  • シアターラーニングワークショップ

◼︎ 筆者からのコメント

第9位は早稲田塾横浜校です。

早稲田塾横浜校は自己管理ができる人、AO入試や推薦入試を考えている人に向いている予備校です。

早稲田塾は既存の予備校のような暗記詰め込みという形をとるのではなく、集団チーム型授業という形をとることで生徒に主体的に学んでもらうことを促しています。従来の一方通行の授業では、授業中に眠くなったり、自分で考えることをしないという問題点がありましたが、早稲田塾に関してはこの問題点はないかと思います。さすが推薦入試やAO入試にも重きを置いているというだけあって、自己表現の力が養成

できる予備校といえます。

東進ネットワークなので、東進予備校の講座を受講することもでき、コンテンツの質の高さも保証されています。

興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!早稲田塾横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができる人」、「推薦入試やAO入試を考えている人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★★☆
    少人数制なのでよく見てくれている。採用が厳しいと聞くが、やはりそれだけのことはあって優秀だし親身おな人が多い。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    PCを使った受講がメイン。自己管理がきちんとできる人には向いている。チーム型の授業も良かった。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★★☆
    設備に関して不満はなかった。静かだし自習室も完備だし利用しやすかった。
  • 予備校の周りの環境 ★★★☆☆
    横浜駅西口徒歩6分ですごく近いというわけではないが、人通りも多いのでそれなりに安心して通わせられた。
  • 予備校の料金 ★☆☆☆☆
    料金はお世辞にも安いとは言えない。むしろ高い。指導の質等を考えると納得がいかないわけではないがそれでも高い。
  • 予備校の総合評価 ★★★☆☆
    先進的な指導をしているのが非常に良い。ただ、料金がどうしても気になる。

第10位 みすず学苑横浜校

みすず学苑横浜校



◼︎ 3つの特徴
  • 怒涛の英語
  • 難関校合格主義
  • 少数指導

◼︎ 筆者からのコメント

第10位はみすず学苑横浜校です。

みすず学苑横浜校は、自己管理ができる人、難関校に合格したい人に向いている予備校です。


みすず学苑は最大20名程度の少人数指導を受講し、週に一度の"カレッジタイム"という個別の学習指導というこの2つのサイクルを回し、難関大学合格へと導きます。
少人数指導では生徒一人ひとりの顔・名前、性格を把握した上で、全員が理解できるまで徹底的に指導します。そして、週に一度のカレッジタイムで少人数指導の理解度をチェックし、現状足りていないことや今後取り組んでいくことなどの方向性をスーパーバイザーと一緒に話し合います。

通常の予備校では個別のフォローはほとんどないので、この点はみすず学苑の大きな特徴と言えます。

興味のある方は以下のリンクからホームページまたは詳細個別記事をご覧ください。

  • 詳細個別記事
    横浜の予備校!みすず学苑横浜校!

◼︎ どういう人が合っているか
「自己管理ができる人」「難関大学に合格したい人」に向いている予備校です。

◼︎ 口コミの総評
  • 予備校の講師 ★★★☆☆
    熱心さに温度差を感じることはあったが、英語の指導はさすが英語に特化した予備校という感じで非常に良かった。
  • 予備校のカリキュラム ★★★☆☆
    英語特化なので私立文系向け。詰め込みで確認テストなど少々タイトに感じる時もあった。
  • 予備校内の雰囲気 ★★★☆☆
    みんな頑張っている雰囲気で良かったが、とにかく狭い。
  • 予備校の周りの環境 ★★☆☆☆
    夜だけ注意すればあとは特に問題なかった。
  • 予備校の料金 ★★☆☆☆
    講習や合宿などで割高になるイメージ。安くはないと思う。
  • 予備校の総合評価 ★★☆☆☆
    英語の指導は非常に良い。それ以外の科目は普通だし、環境に関してはもう少し広いと助かる。

今後の予備校 

現在、全国にいくつもの予備校が存在しています。個別指導、集団指導、映像授業等指導形態は様々ですが、私は"ある"指導形態の予備校に注目しています。それは、「自立学習」を掲げる予備校です。

実は、自立学習予備校というのは全国に全くないわけではありません。なぜ、私が自立学習のスタイルを取る塾・予備校に注目しているかというと、その答えは2020年の"教育制度改革"にあります。大学入試センター試験の内容や各大学の個別試験、学校の試験内容など高校・大学教育が大きく変わります。

では、教育制度改革による文科省の狙いは一体何なのでしょうか。

文科省は以下のような発表をしています。

『高等学校教育については、生徒が、国家と社会の形成者となるための教養と行動規範を身に付けるとともに、自分の夢や目標を持って主体的に学ぶことのできる環境を整備する。』

つまり、これからの教育では"主体性"の養成に重きが置かれるわけです。そこで最近よく耳にするワードが、「アクティブ・ラーニング」というもの。生徒同士のディベートや生徒同士で一緒に課題を解決していくといったものです。私立高校の中には実際に導入されているところももうあります。


センター試験や個別試験の改革に伴い、既存の予備校もそれに順応しなくてはいけなくなる時が確実に近づいています。おそらく、勉強を教えるだけの予備校は今後減っていく、あるいはなくなっていくのではないでしょうか。自身(のお子さん)の今後を見据えるのであれば、自立学習というスタイルをとっている予備校に今から通わせるのが良いかと思います。


みなさまも、ご自身(のお子さん)の将来を考えた上で予備校をお選びになってください。

実は武蔵小杉や川崎の予備校に通う人も

横浜駅はターミナルで利用者数も非常に多く、周りには繁華街もあります。
その分予備校の数も多く、予備校激戦区の街でもあるのです。
ですので、横浜市在住や普段横浜駅を利用する人以外の人も横浜駅周辺の予備校に通う人が多くいるんだとか。特に、川崎市にお住いの方は多少無理してでも横浜駅の予備校まで通っているという話を保護者界隈ではよく聞きます。
確かに、川崎駅からであれば10分程度で行けますし、新川崎駅や武蔵小杉駅からもJR横須賀線で10分程度で行くことが可能です。

ただ、最近は横浜駅だけでなく川崎駅周辺、特に教育熱が高いことで知られる武蔵小杉駅周辺は予備校の数が多くなってきています。また、武蔵小杉駅周辺は川崎駅や横浜駅周辺と比べると、治安が良く事件も少ないので、保護者様からは印象が良いようです。

横浜駅周辺の予備校に通塾することに不安がある方や武蔵小杉で予備校を探されている方のために、武蔵小杉のランキング記事と川崎のランキング記事を紹介しておきますので、こちらもぜひご参照ください。

武蔵小杉の予備校ランキングベスト10をご紹介します! 

川崎の予備校ランキングベスト10をご紹介します! 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は横浜駅周辺にある予備校についてご紹介しました。

横浜駅はターミナルですので、予備校がたくさんあります。たくさんある予備校の中で、自分に合うところを見つけることは非常に難しいです。この記事を読んでも分からないことがあったり、「この予備校の詳細をもっと知りたい!」という場合は、実際に予備校に説明を聞きに行ってみてください。web上では予備校の全てを伝えきることはできないので、気になる予備校に実際に足を運んでみるのが良いと思います。


横浜の皆さんが自分に合った予備校が見つかることを心より願っております!